シリカ水の効果・効能

シリカ水の効果・効能を完全調査!

健康や美容に敏感な方達の間で話題のシリカ。皆さんも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

シリカとは水晶の形をした土壌や岩石、粘土などを作っている元素のことで、ケイ素とも呼ばれます。なぜ、シリカがこんなにも話題になっているのか?なぜ美容や健康によいのか?体内でどういう働きをするのか?まずはシリカのすごさをご紹介しましょう。

アンチエイジング

アンチエイジングに効果絶大

シリカは前述のとおり土壌や岩石を構成している元素ですが、実はケイ酸塩として皮膚、骨、爪など私たちの体のあちこちに含まれていて、コラーゲン再生のお手伝いをしています。コラーゲンといえば、ハリのある肌、しなやかな髪には欠かせない成分。更にお肌に弾力を与えるエラスチン、潤いを保つヒアルロン酸などの成分を結びつけ、健康で丈夫なお肌にしてくれる働きもあるので、シリカが不足すると爪や骨が弱くなったり、髪がぬけやすくなることもあります。シリカは健康で美しいお肌や髪に欠かせないものなのです。 ところが、シリカは体内では作られないので、年齢とともに減少しつづける一方です。本気でアンチエイジングを考えるならば、体の外から摂取するしかありません。

 

シリカ水はぷるぷるお肌の応援団

シリカは保湿に力を発揮し、ぷるぷるで弾けるようなお肌のお手伝いをします。それはシリカに細胞の細胞壁を強化する効果があるからです。この効能おかげで、老化でたるみ始めたお肌も潤いを取り戻し、弾力もアップすることでしょう。

シリカ水イラスト

コラーゲンのお手伝いをするシリカ水

シリカにはコラーゲンの生成を手助けする働きがあります。コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ重要な成分で、美肌に欠かせないものです。

 

骨も丈夫にしてくれるシリカ水

骨の健康といえば、一般的にはカルシウムを思い浮かべると思いますが、実はそのカルシウムとカルシウムをくっつける接着剤の役割をするシリカも同じくらい重要です。体内のシリカ量によって、骨の育成に大きな差がみられます。例えば、骨を建築物だとすると、コラーゲンは鉄筋コンクリートの鉄筋であり、鉄筋の周りを固めているコンクリートがカルシウムです。シリカは鉄筋(コラーゲン)を束ねて強化する役目を果たすのです。鉄筋がバラバラになってしまっては建築物の強度が保てないように、体内のシリカが不足すれば骨がもろくなってしまいます。シリカは骨の健康に欠かせない成分です。

カルシウムと骨

血管をきれいにするシリカ水

シリカには動脈硬化を予防する効果もあります。それはシリカが血管のコレステロールの付着を防ぐからです。ある研究によると、動脈硬化が進行している人は健康な人に比べて血管内のシリカが数パーセントしか含まれていないという報告もあります。シリカ水には血管をきれいにする作用もあるのです。

人の体液はもともと弱アルカリ性ですが、活性酸素によって酸性に傾いてしまいます。弱アルカリ性であるシリカ水を飲むことで、体が弱アルカリ性にもどすよう機能します。酸化したドロドロの血液も、弱アルカリ性に戻すことでサラサラした血液に戻るのです。血液ドロドロは万病の元です。肩こりや腰痛のような比較的起こりやすい不調だけでなく、糖尿病や糖尿病から起きる手足の壊疽、ガン、心臓病などの生活習慣病も血液が原因であるとも言われます。

 そしてシリカ水を飲むと、すぐに体がポカポカと温かくなるとおっしゃる方がいらっしゃいます。これはシリカ水が吸収されるとすぐに血行が改善されるためです。

 また、シリカには高い浸透力と浄化作用があり、中性脂肪を分解するという報告もあります。血管壁に蓄積したコレステロールや過酸化脂質もシリカによって洗い流され、血管を強くしますので、血圧や血糖値が気になる方にもぜひお試しいただきたいです。

血液サラサラ

 

恐ろしいケイ素不足

ケイ素とはシリカのことです。ケイ素は肌、髪、爪、骨など体中のさまざまなところで、成長や再生のお手伝いをしています。一つ例をあげましょう。たとえば、骨。骨の健康といえば、一般的にはカルシウムを思い浮かべると思いますが、カルシウムを効率よく補給するためにもケイ素が欠かせません。体内のケイ素が不足すれば、骨が脆くなってしまうのです。肌、髪、爪、歯などの老化や不調もケイ素不足が関係していると言われています。

 

アンチエイジング以外にもこんな効果もあります!

・アトピー

・ダイエット

・ワキガ・加齢臭等の体臭対策

・冷え性・水虫・足の臭いの改善

・高血圧

・ED(勃起不全)改善や、精力増強

・白髪改善と養毛

・末期がん

シリカ水人気ランキングはこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>