効果バツグンの理由は体内動態

皆さんは「体内動態」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?体内動態とは食品や薬剤などが体内に入った後(つまり食べたり飲んだりした後)の吸収、分布、代謝、排泄などの動向のことです。例えば、私たちが物を食べると、胃などで分解された後、主に小腸で吸収され、それが体内のさまざまな組織に分布し、その一部は肝臓などで代謝されて最終的には体外へと排泄されます。このような一連の動きを体内動態と言うのです。健康食品や栄養補助食品の効果や安全性を評価するさいに必ず研究される指標でもあります。

 サプリメントは効果を重視して選ぶものです。効果というと、そのサプリメントの成分に注目することが多いのですが、実は栄養成分が体の中でどのように吸収され、どこで働き、どのくらいの時間とどまった後どのように排出されるかも効果に関わる重要な要素です。サプリメントの成分が豊富であっても、体内にほとんど吸収されていなければ、効果はほとんど感じられません。逆に、成分は少なかったとしても、体内に蓄積され排出されにくいようなものは過剰摂取となり、健康被害を引き起こす原因にもなりかねません。サプリメントを選ぶ際には体内動態がはっきりしているものを選ぶほうが安全だと言えます。

 水溶性硅素であるシリカは体内動態が研究により明らかにされている成分の一つです。シリカは口に入った後、おおよそ以下のような経過の後に排泄されます。

 

水溶性珪素を経口摂取

腸管で吸収される

血液が細胞へ珪素を届ける

2時間ほどで血液中の珪素濃度がピークになる

全身の細胞へ届けられ細胞の活性化やコラーゲンの生成に使われる

役割を終え余ったシリカが肝臓や腎臓へ

尿と一緒に体外へ

 

 体内での役割を終え余ったシリカ(硅素)は、尿の成分の一部として12時間から24時間のうちに排出されます。体内動態の研究により、体内で有効に使われた後は体内に蓄積することなく排出されることが明らかになっていますので、効果も安全性も高い栄養成分だと言えるのです。

余談ですが、シリカは他のミネラル分の吸収を促す働きもあります。シリカ水を飲むことで、さまざまなミネラルを効率よく体内に吸収できるようになります。

 

シリカ水人気ランキングはこちら

Pocket